トップへ » 当院の矯正治療について » 矯正のためのお口の訓練

お口の筋力トレーニング。安定した矯正治療のために【MFT】を行います

MFT

当院では、矯正治療とともにMFT(筋機能療法・お口の筋力トレーニング)を積極的に取り入れています。

矯正の効果を高めるのがMFTです

矯正の効果を高めるMFTMFTとは口のまわりの筋肉(舌、口唇および顔面の筋肉など)を強くしてバランスを良くし、正しく機能させるためのプログラムです。歯並びとお口まわりの筋肉の動きはとても密接な関係にあるため、MFTによりあごや舌などお口のまわりの筋肉の「正しい動き」ができるように導くことで、より安定した矯正治療の効果が得られます。

当院では、系統立てた筋機能訓練を個別で行い、正しい舌の動きや正しいお口のまわりの筋肉の動きを習慣付けていきます。

MFTの目的とは?
歯の表側は口唇・頬などに、裏側は舌に守られ、歯の上下は噛むことによって安定されています。また、一本一本の歯はあごの骨や歯茎に支えられて生えています。歯並びや噛み合わせ、あごの形状は、お口のまわりの筋肉「口腔周囲筋」によって決められています。

歯並びに問題のある患者様は、お口のまわりの筋肉の力のバランスを崩していることが多く、MFTによって口腔周囲筋のバランスを整えることで、より安定した矯正治療を行うことができます。また、歯に不要な力ストレスがかかるのを軽減する効果もあります。

具体的なMFTの例

スティック療法(アイススティック)
反対咬合(受け口)の場合に、アイスの棒を噛んで上の歯を前にグイグイと押し出すようにして、受け口を治す癖をつけるトレーニングです。

バイトプレート療法
腰痛や肩こり、頭痛、疲れやすさ、耳鳴り、さまざまなアレルギーの原因の一つとして、歯の噛み合わせの悪さや、それに伴うあごや頭蓋骨のずれが考えられています。バイトプレートとは、着脱式のレジンなどを歯列に被せ、上下のあごの噛み合わせを正しい位置に誘導する器具、バイトプレートを利用した方法です。

カテゴリー一覧

まずは、お口の中のお悩みをご相談ください

まずは、お口の中のお悩みをご相談ください

トップへ » 当院の矯正治療について » 矯正のためのお口の訓練


PAGE TOP