トップへ » 当院の矯正治療について » 矯正治療中のむし歯予防

「矯正中にむし歯は大変」だから、むし歯の予防も徹底的に行います

むし歯予防むし歯ができるとむし歯治療をするために矯正治療を一時中断することになります。その結果、せっかく動いた歯がまた元の状態に戻ってしまい、今までの治療が無駄になってしまいます。

限られた時間の中で確実に治療を進めるためには、治療中のむし歯予防はとても大切です。当院では、患者様一人ひとりのお口の状態や生活習慣を考慮した上で、矯正治療中のむし歯予防のためにさまざまなサポートを行っています。

歯科衛生士によるプロのクリーニング【PMTC】を毎回行います

PMTCは、専用の機械を使って歯科医院で行う専門的な歯のクリーニングです。

プラーク(歯垢)は、歯の表面に付着している時間が長くなり、プラークそのものが古くなり成熟するほど、歯を溶かす酸の産生量が増え、最近の毒性も強くなり、やがてむし歯や歯周病を引き起こします。

プロのクリーニングでむし歯と歯周病を予防します
PMTCそこで、毎日の歯磨きではうまくきれいにならない歯と歯の間や、歯と歯茎の境目などをPMTCにより定期的にクリーニングすることで、プラーク(歯垢)の成熟を押さえ、むし歯や歯周病を予防することができます。

当院では、矯正中の通院の際、しっかり歯をクリーニングできるように毎回装置を外して歯のクリーニングを行っています。

カテゴリー一覧

まずは、お口の中のお悩みをご相談ください

まずは、お口の中のお悩みをご相談ください

トップへ » 当院の矯正治療について » 矯正治療中のむし歯予防


PAGE TOP