トップへ » 当院の矯正治療について » 歯並びでお悩みの方へ » 子どものうちの矯正を勧めるのは、大きな理由があります

子どものうちの矯正を勧めるのは、大きな理由があります

子供の矯正理由成長期にある子どもは、成長を利用しながら治療が進められるので、よりスムーズな矯正治療が可能になります。子どものうちに矯正すると、歯並びや噛み合わせはもちろん、あごの骨そのものを動かすこともできるので、顔立ちも自然な形に整うことも期待できます。

例えば下顎が小さく、出っ歯の場合も、矯正治療を受けるうちに小さかった顎が大きく成長し、口元がぐっと引っ込んで顔立ちが整います。また、しゃくれていたあごが後方へ引っ込み、相対的に鼻が高くなることもあります。

見た目だけでなく、心身の成長にも役立ちます
早いうちに歯並びや噛み合わせを直しておくと、歯磨きもしやすくなり、むし歯や歯周病の予防効果もあります。また、よく噛めるようになるので、内臓へ負担も軽くなり、全身への健康にもいい影響があります。

さらに魅力的な笑顔を引き出し、自信を持って人前で話すことができるようになるので、思春期の心理面での成長にもよい影響をもたらします。

なお、歯の成長発育に問題をきたしそうな場合や、後から生えてくる永久歯に悪影響を及ぼしそうな場合、治療しておけば永久歯の矯正治療の必要がなくなる可能性が高い場合などは、永久歯が生え始める6、7歳での予防的な矯正治療をお勧めしています。

●子どものうちに矯正を進める理由
・成長を利用してスムーズに矯正できる
・歯磨きがしやすくなるのでむし歯予防ができる
・成人してからでは、仕事や家庭に都合をつけて通院するのが大変である

子供の矯正理由大人の矯正は、手術を伴う可能性があります
大人になってからも矯正治療は可能で、最近は増える傾向にあります。部分的な矯正の場合は比較的容易ですが、成人してから顔立ちを整えるためには、骨切り・骨削り手術(輪郭矯正)という全身麻酔を伴う入院治療が必要になってきます。

手術を受けることは心理的なストレスが大きい上に、入院をするために学校や仕事の都合をつける必要があります。主婦の方であれば、家事や子育ての都合をつける必要もあり、様々な面においてとてもリスクが大きくなってしまいます。

でも思春期の子どもに納得してもらうのは大変ですよね
お子さんの矯正治療に適した時期は、いわゆる思春期や反抗期であり、難しい年頃でもあります。矯正の必要性がわかっていても素直に取り組めない、ご家族が説得してもなかなかいうことを聞かないものです。そんな時に無理をして治療を進めることはないと私は考えています。

それは、成長に連れて、どの子にも、必ず直したいと思う時がくるからです。「卒業写真を見てショックを受けた」「プリクラで可愛く写りたい」「異性の目が気になってきた」など、周りの目を気にしたり、自分の外見が気になる年頃になれば、自然に直したくなるものです。

一人ひとりに適したタイミングがあるはずです
本人が「やりたい」と思った時が矯正のタイミングなのです。医師としては、現在の症状とその先に起こりうるリスクについては本人にもご家族にも詳しくご説明しますが、本当に取り組むかどうかはご本人次第です。

「大人になってから、その気になってから矯正してもよい。でも会社に勤めながら矯正するのも大変よ」などと具体的なアドバイスを心がけています。


トップへ » 当院の矯正治療について » 歯並びでお悩みの方へ » 子どものうちの矯正を勧めるのは、大きな理由があります


PAGE TOP