トップへ » 当院の矯正治療について » 矯正のためのお口の訓練 » 具体的なMFTの例

具体的なMFTの例

スティック療法(アイススティック)
反対咬合(受け口)の場合に、アイスの棒を噛んで上の歯を前にグイグイと押し出すようにして、受け口を治す癖をつけるトレーニングです。

バイトプレート療法
腰痛や肩こり、頭痛、疲れやすさ、耳鳴り、さまざまなアレルギーの原因の一つとして、歯の噛み合わせの悪さや、それに伴うあごや頭蓋骨のずれが考えられています。バイトプレートとは、着脱式のレジンなどを歯列に被せ、上下のあごの噛み合わせを正しい位置に誘導する器具、バイトプレートを利用した方法です。


トップへ » 当院の矯正治療について » 矯正のためのお口の訓練 » 具体的なMFTの例


PAGE TOP