トップへ » 当院の矯正治療について » 症例集 » 反対咬合(部分治療中)

反対咬合(部分治療中)

症例

下へ

症例

初診は7歳だった男の子の写真です。写真のようにまだ乳歯が残っているので、取り外しのできる拡大プレートを使って治療を行いました。(部治)拡大プレートの主な目的はバネによる弱い力をかけ続けて顎の骨の成長を正しく促すことです。永久歯にすべて生えかわり、反対咬合は直りました。これから本格矯正に移行します。


トップへ » 当院の矯正治療について » 症例集 » 反対咬合(部分治療中)


PAGE TOP